Fun!!Footba!!

スパーズ(トッテナム・ホットスパー)を応援するファンブログ

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンズリーグGL総括 第1弾


Category: MATHC   Tags: ---
今シーズンから長年の夢だったチャンピオンズリーグに出場することになったトッテナム。グループステージのドローでは、ディフェンディングチャンピオンのインテル、ドイツの強豪ブレーメン、オランダ王者のトゥエンテという難しいグループに入ってしまう。苦戦が予想されたものの、結果はグループ1位。インテルを差し置いて首位でグレープステージを突破しました。
先日行われた決勝トーナメントのドローでは、1回戦でACミランと対戦することが決定。再び未知の領域で強豪と対峙することになりました。

CL決勝トーナメントの初戦は2月の15日。セカンドレグも約1カ月後と、いずれにせよ試合まではかなり時間が残されています。この間にケガ人や1月の移籍市場での動向やサスペンションなど、まだ不確定な要素が多いため現時点で両チームを分析し、イメージを固定化するのはやや時期尚早です。
ただ、ここまでの闘いぶりを振り返り今後のゲームに生かしていくという意味でも、グループステージ全体を見て弱点や強みを考えることは重要でしょう。まずは結果からご覧ください。

<試合結果>
第1節ブレーメン戦(A)2-2 Draw
スパーズ:12分OG、18分クラウチ
ブレーメン:43分アウメイダ、47分マリン
メンバーはコチラ
第2節:トゥエンテ(H)4-1 Win
スパーズ:46分ファンデルファールト、50&64分パブリチェンコ(PK)、85分ベイル
ブレーメン:56分シャドリ
メンバーはコチラ
第3節:インテル(A)3-4 Lose
スパーズ:52&90&92分ベイル
インテル:2分サネテッィ、11分エトー(PK)、14分スタンコビッチ、35分エトー
メンバーはコチラ
第4節:インテル(H)3-1 Win
スパーズ:18分ファンデルファールト、61分クラウチ、89分パブリチェンコ
インテル:80分エトー
メンバーはコチラ
第5節:ブレーメン(H)3-0 Win
スパーズ:6分カブール、45分モドリッチ、79分クラウチ
メンバーはコチラ
第6節:トゥエンテ(A)3-3 Draw
スパーズ:12分OG、47&59分デフォー
トゥエンテ:22分ランツァート(PK)、56分ロサレス、64分シャドリ
メンバーはコチラ
<マッチスタッツ合計>
戦績 3勝2分1敗
総得点18
総失点11

総枠内シュート 31
総枠外シュート 27

Ⅰ【シュートアシスト】
今回はこんな統計を取ってみました。

これは『footballista』さんで紹介されてたものを参考にさせて頂きました。ゴールになったシュートの一つ前のプレーをカテゴライズすることで攻撃の主な形が見られるのではないかと。

ヘディング・・・ヘディングを落としたボールをシュート
ショートパス・・・近くにいる選手からパスを受けてシュート
スルーパス・・・敵選手の間を通したパスを受けてシュート
ドリブル・・・ドリブル突破し自らシュート
クロス・・クロスまたはアーリークロスからシュート
リバウンド・・・シュートのこぼれを押し込んだシュート
(各項目をクリックすると詳細が表示されます。)

このように単純にカテゴリーに分けたんですが、もちろんショートパスやスルーパスの境界線やどこまでをクロスボールと判断するかは明確な指標は無いと思うので、その点はあらかじめ断っておきます。あくまで参考程度と捉えてください
この統計を見る限りでは、やはり圧倒的にサイドからゴールが生まれる傾向にあることが分かると思います。ヘディングでのアシストはブレーメン戦(H)のルカのゴールとトゥエンテ戦(H)のファンデルファールトのゴールです。いずれもクロスボールをクラウチが落とすという形で、サイドが起点になっていると言えます。
総得点の18点のうち、PKの2点とOGの2点を除くと14ゴールになります。うちクロスから直接決めたのが5ゴール、さらにクロスをヘディングで落としたのが2ゴールなので、得点の半分近くがサイドから生まれてます。
試合を見てもスパーズの両サイドが起点になってる印象はかなり強いですが、数字の上でもそれは明らかということですね。(そして残りのほぼ半分はベイルのドリブルからシュートです)

Ⅱ【総シュート数から見る得点率の高さ】
また、総シュート数に対する得点率の高さも興味深いデータかもしれません。
トッテナムの枠内&枠外を合わせた総シュート数は58本。うち18本がゴール。単純に割り算をすれば約3本に1本がゴール(31%でゴール)になっています。OGの2点をカウントせず、ゴールを16点としてもシュート4本で1点程度(27%)と比較的高い数字になります。
参考に、グループステージで同じく18ゴールを奪ったアーセナルの総シュートは64本。確立的には28%です。(これが不調であったインテルでは14%程度とガクっと落ちています。)

もちろんこの統計もPKなどを無視したものですし、あくまで参考程度と認識すべきかと思います。

<GL攻撃面の総括>
以上のデータから、サイドからの攻撃がゴールに直結することが多く、効率良くゴールが奪えていると言えます。
サイドからの攻撃することが、効率よくゴールすることに繋がっているとまでは言えないですが、サイドアタックを中心に据えるスパーズのスタイルが確実にゴールという成果で現れているのは事実です。
このスタイルは継続した方がいいと思いますし、見ている側としてもとても魅力的です。

サイドアタックの威力を増すという観点から見れば、サイドバックのフォローの質を上げることが必要でしょう。ハットン、エコトのクロスの精度やオーバーラップのタイミング等が向上すればレノン、ベイルのプレッシャーを緩和することができるし、相手も対応しずらくなると思います。

あと欲を言えば、中央を突破できるタイプのFWが一人欲しいですね。スパーズのサイドアタックはかなりの破壊力ですが、それ以外のバリエーションに欠けると言えなくもない。いざという場合に「切り札」的に使ったり、1トップとしてラフィーと2人でフィニッシュまで持っていけるような選手がいれば理想的です。

まとめると
・サイドアタックは結果に結びついているため、サイドバック等も含めてより精度を上げていく
・サイド以外でゴールに直結するプレーができる選手の獲得またはバリエーションの確立

こんなところですかね。次回はディフェンス面の分析をやってみたいと思います。
今回は慣れないデータ分析など踏み込んだ内容な気もするので、異論や反論を含めぜひ感想お聞かせください。








関連記事


Comments

タイトル
>白面さん
いえ方法論を少し真似させてもらっただけで、記事としてはなんかまとまりに欠ける感じがします。後から見直すと、自分の記事の稚拙さを思い知ります(笑)

仰ると通り縦のスペースの使い方はまだまだですね。デフォー復帰で背後を突く動きも見られますが、昨シーズンに比べるとイマイチです。この辺はDFラインにドーソンというフィーダーが復帰してくれれば、また少しは良くはなりそうですが。

ここ最近毎回のようにコメント下さってありがとうございます(^-^)こちらもまた「きつねの巣」の方にお邪魔させてもらいます♪

>雨緒さん
コメントありがとうございます。
やはりサイドバックの攻撃に関する貢献度はやや低いかなと。
エコトは意外と決定機のふたつ前くらいのプレーに関与してることがあって、そこは不思議なんですが、もう少しハットンに頑張ってほしいです。ちょっとクロスが・・・(笑)

ご指摘の通りで、ラフィー→FWってゴールパターンはほぼないと思うんです。それこそアーセナル戦のデフォーのゴールくらいかな?クラウチとのコンビは確かにパターンとして悪くないですが、さすがに相手が強ければ限界がありますし。相手の背後を狙える選手が欲しいところですね。
 
タイトル
総括お疲れ様です!
非常に分かりやすかったです

確かにリーグ戦を見てもサイドバックの攻め上がりからの得点ってのは
少ないような気がします
だけどエコトのロングボールは結構使っている印象です

確かに今はワントップの場合、クラウチ→ラフィー のパターンが主ですが
ラフィー→FW っていうパターンも出来てくると更に厚みが増しますよね!
てかラフィー来た時最初はそのパターンの得点が増えると思ってました
ワントップの場合、少々強引にでもスルーパスに抜け出して決めれる選手が
いたら面白そうです

参考になりました
ありがとうございました!






 
素晴らしい!!
そのままどこぞの雑誌にでも寄稿できる、精密な分析ですね。
大変興味深く読ませていただきました。

やはりサイド攻撃はスパーズのキーポイントになるところですので、その分今後相手チームのマークも厳しくなってくると思います。

今後は横だけでなく、縦の奥行きをどう攻略するかも考えていきたいところですね・・・
横に振ってから殴り返すパターンと、ストレートでぶっ飛ばす一撃はまったく別種のもの。
どちらからも打撃が飛んでくる方が、相手はガードし辛いものですw

スパーズの真骨頂はやはり攻撃にあると思いますし、今後もそれにはますます磨きをかけて欲しい♪
 

Leave a Comment



07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06

08


 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
Fixture
 
League Table
 
Twitter
Twitterボタン
 
Spurs Twitter
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。