Fun!!Footba!!

スパーズ(トッテナム・ホットスパー)を応援するファンブログ

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tottenham vs Aston Villa


Category: MATHC   Tags: ---
Premier League10/11プレミアリーグ 第7節 会場:ホワイトハートレーン

TottenhamアイコンTottenham 2

Aston VillaAston Villa 1

<スタメン>ゴメス、ハットン、ハドルストン、バソング、アスエコト、ジーナス、モドリッチ、
        ファンデルファールト、ベイル、パブリチェンコ、クラウチ
  <サブ>クディチーニ、チョルルカ、レノン、サンドロ、パラシオス、クラニチャル、キーン
 <得点者>トッテナム:45・75分ファンデルファールト
            ヴィラ:16分オルブライトン

ミッドウィークに開催されたチャンピオンズリーグ、トゥエンテ戦を終えてのこの試合。ホームに難敵ヴィラを迎えましたが、ファンデルファールトの活躍で2-1と勝利を飾っています。
Rafa's Goal

システムは4-4-2。トゥエンテ戦からメンバーは少し入れ替えてきました。キングが欠場、代わりにハドルストーンがCBに下がって、その前にジーナスという変更。センターバックに負傷者が相次いでいるトッテナムには苦肉の策、いたしかたないといったとこでしょう。
連戦のためコンディションに不安があったり、疲労の濃い選手も少なくなかったはずですがあまりメンバーをいじってきませんでしたね。まぁこの試合の後は、クラブレベルでは試合がしばらく無いってのもあったのかな。
CLの疲労からか、立ち上がりはヴィラペースで試合が進みました。ヴィラはスパーズの縦パスをしっかり狙って、奪ってからオルブライトンやヘスキー、ヤングに早めに展開。スパーズは後手後手な感じでした。球際の強さでは、コンディションからかヴィラに軍配が上がる場面が多く、失点シーンもそんな感じ。
16分、自軍深くの左サイドに流れてきたボールを処理しようとしたバソング。しかしチェイシングしてきたヘスキーに競り合いの末ボールを譲り、ヘスキーはペナルティエリアに侵入しゴール前を横切るラストパス。走りこんだオルブライトンが流し込んでヴィラ先制。あの場面まずバソングは少し軽率。あそこで奪われるんならカード覚悟でも止めないと。あと急造CBには難題かもしれないけどハッドはもう少し前に出てゴメスに中を任せるべきだったかな。マイナスのポジションに1人いたので気になったあまり寄せなかったみたいだけど、できればそっちを切りながらヘスキーにプレッシャーかけたかった。まぁあの状況作られたら止めるのはかなり難しい。ミスからの失点は気をつけないと、バソング。

前半25分過ぎくらいからはどっちつかずのペース。徐々にスパーズが盛り返してきてるんだろうなって感じはあったんですが、なかなか決定機が作れない。ラフィーが中に絞るために攻撃に幅持たせるのが難しい。ベイルのサイドは何度かいいクロスを供給してましたが、右サイドはほぼ皆無。多分、ファンデルファールトが中に入ってきて空いたスペースをハットンに使わせたいんだと思うけど、サポートが少ないし、ハットンの状況判断もあんま良くない。シンプルにクロスでいいのに無駄にカットインして取られたり。ハットンの前にいく姿勢は好きだけど、取られた場合のリスクも考えてクロスかパス、シュートで終わらないと。結構右サイドはカウンター喰らってたし修正すべき点。
前半の終盤以降はスパーズがゲームを支配してラフィーのミドルやベイルのクロスなどが何度かチャンスも作れてたんで、前半の間に追いついておきたいなって思ってたら終了間際にラフィーがヘディングで同点弾。パブのクロスからクラウチの落としをラフィーが押し込んだ形。まぁ狙い通りだったんでしょうね。

前半終えて1-1のイーブンスコア。後半もこのままかなと思ったんですが、レドナップはパブに代えてレノンを投入してきました。パブ自体の動きは悪くなかったけど、もう少し攻撃のテンポ上げたいって狙いだったのかな。
右サイドも死んでたしサイドもうまくつかって攻撃のリズムを加速させたいなってのはあったんで、思い切ったいい交代だったって言えるかな。
後半はうまくサイドに預けて中央をモドリッチとラフィーがコンビネーションで突破しようっていう意図も見られたし、カウンター気味になったときにレノンのスピードを活かした攻撃も見られた。1トップだけどラフィーかモドリッチどちらかが前線でクラウチのサポートしてたから、少しずつだけど1トップの攻撃にもバリエーションが増えてきたのかも。ただ直接点に繋がったのはやはりクラウチの高さ。2点とも同じ形での得点だったし、結局そうなるのかなぁって感じも同時にありますね。
ラフィーのトラップは「巧い」って感じで、レベルの高さを存分に見せつけてくれましたけどね。きっとダンも「うわ、やられた」って思ったでしょう(笑)
Double Dutch

攻めにいったあとに簡単にカウンター許してゴール前まで行かれたり、守備面での課題も多かったけど、とりあえず勝ち点3は素晴らしい結果。タフなゲームだったけどこういう試合できちんと3ポイントゲットできたし、ここからまた着実に勝ち点積み上げていきたいとこ。しばらく間が空いてまたCL、リーグでは厳しい相手が続きますが、強い相手の方がスパーズは案外いい内容になるし、期待です!
関連記事


Comments

タイトル
>まなさん
やっぱりゆーやさんのブログの影響力はすごいな(笑
いろんなトピック交えて頑張っていくつもりなんで今後もよろしくお願いします(^◇^)
 
タイトル
ゆうやさんとこから飛んできましたw ちょくちょくきますねw
 

Leave a Comment



07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06

08


 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
Fixture
 
League Table
 
Twitter
Twitterボタン
 
Spurs Twitter
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。