FC2ブログ

Fun!!Footba!!

スパーズ(トッテナム・ホットスパー)を応援するファンブログ

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLインテル戦プレビュー


Category: MATHC > PREVIEW   Tags: ---
tottenham hotspur

緊張と不安、そして興奮と期待。
様々な感情が入り乱れたチャンピオンズリーググループステージの抽選会場。このシーンをライブで見られたスパーズファンもたくさんいらっしゃったのではないでしょうか。

大注目されたグループステージの組み合わせ結果は、インテル、ブレーメン、トゥエンテ、トッテナム。
最もタフなグループの一つで戦うことになったトッテナムホットスパー。
しかし、この結果を受けて私がまず最初にイメージしたのは、白いユニフォームと青と黒の縦縞のユニフォームが戦うゲームでした。王者インテルvs挑戦者スパーズ。なんとも素晴らしい相手、そしてエキサイティングな光景でしょう。
グループステージ勝ち抜けを冷静に考えるのであれば抽選に恵まれたとは言い難いですが、チャレンジャーである我々にとっては正直そんなの二の次なんです(笑)
たとえ勝とうが負けようが、スパーズらしさを発揮してくれればそれでいい。今まで頑張ってきた選手たちが、王者相手に生き生きと躍動する姿を何より望みます。





.....
とは言いつつ、
相手はどんな選手使ってくるんだ?フォーメーションは?どいつを止めたらいいんだ?弱点は?といった現実的なトコも気になってしまうのが私たち、わがままなファンの心理なんですよ(笑)
ということで、インテル戦、戦前の予想を自分なりにやってみたいと思います。

■今シーズンのインテル
ここは正直自信ないです(汗)なにせあまりインテルの試合を見れてないものでして(笑)
という言い訳を用意したところで始めましょうか。
今季は新たにラファ・ベニテスというどこかで聞いたような名前の監督が就任しました。それに伴い、以前よりボールのポゼッションにもある程度重点を置くスタイルに変化しています。左サイドだったエトーが中央になり、両サイドにはコウチーニョやビビアーニといって選手が入り、その後ろにスネイデル、今までよりパスで守備を突破しようという感じなんでしょうか。
開幕数試合はただのトロトロしたパス回しという印象だったんですが、ここ数試合は早い切り替えで比較的高い位置でボールを奪うシーンも見られるようになり、チームが連動してきてるのかなぁという感じ。
特に、エトーはコンディションがいいのか、新しいスタイルにフィットしているのか絶好調。直近のセリエAのカリアリ戦でも決勝点を挙げ調子の良さを証明している形。そのためエトー、そして彼の後ろで攻撃のタクトを振るスネイデルはかなり危険。DFと中盤がきちんと連携して対応しないと簡単にゴールは生まれるでしょう。

■ラフィー不在をどう埋めるか
今シーズンの中心になりつつあるファンデルファールトをトップ下に置く4-5-1のシステム。レドナップ自信もリーグとCLのアウェイではこのシステムを使うことになってくるだろうと明言しています。

しかし、次の試合ではそのシステムの中心のファンデルファールトが前節のレッドカードによるサスペンション。こうなってくると4-5-1システムが機能してくるのかはかなり疑問。仮にこのシステムを使うとしてトップ下に入るのはモドリッチだと思うんですが、彼はテクニックは高いけどフィニッシャーではないし、中央よりもやはるサイドで生きるタイプ。それが難しいならハッドとかパラシオスとセントラルで組ませるのがいいんじゃないかと。なんで、あまり彼にラフィーのように、というのは少し過度な期待な気もします。まぁトップ下起用は濃厚な気もしますが(笑)

■キャプテン、キングの欠場
これはかなり痛いような気も。先ほども述べたようにやはり注意すべき最大のポイントはエトーとスネイデルのラインをどう止めるか。
前節のCL、インテルvsブレーメンではブレーメンの浅いディフェンスラインをこの二人が突破するシーンが見られました。スネイデルはほんとにわずかなスペースでも局面を打開するパス、特にサイドを変えたり背後を狙うボールを供給するのが抜群にうまい。
そのため、必ず何度かディフェンスが崩されるシーン、つまり「想定外の状況」が生まれてしまう。そういう場面ではキングの冷静なカバーリングや読み、クレバーな対応ができる能力は重要だと個人的に思います。

インテル戦はディフェンスラインはそれほど高くせず、スペースを与えないような守備をすると思うので、大打撃にはならないかもしれなけど、大一番で彼がいないのはやはり不安です。
結局、フルハム戦で負傷したキング。ただハリーは元々インテル戦ではキングを休ませる予定だったという趣旨のコメントをしてたんで、彼抜きでもやれると思ってたのかもしれません。このCBのコンビはどうなるのかも興味深いです。

■ゲーム全体の展望
簡単にまとめたいと思います。
・インテルが主導権を握る試合になる可能性が高い(ボールをポゼッションする時間帯が長いという意味で)
・トッテナムは比較的深めにラインを設定して、奪ってから早い攻めでカウンターを狙う
・おそらく4-5-1
・最も注意すべきはスネイデルとエトーのライン
・スパーズはカウンター主体になるためキーになるのモドリッチのキープ力とベイルの突破、クラウチの頭
 (レノンが先発に出てくれば右サイドもカギになる筈)
ってことで、希望の先発を
<スタメン予想(希望)>:ゴメス、チョルルカ、ギャラス、カブール、アスエコト、レノン、ハドルストン、
            ジーナス、ベイル、モドリッチ、クラウチ

こんな感じで。まとまられませんでした、すいません(笑)
ブログ書くのって難しいな~まだまだ頑張らないと。

とにかく!!明日は皆さんテレビにかじりついて応援しましょう!!
COYS!!

関連記事


Comments

タイトル
仮眠をとろうとしたが、期待と緊張で寝れませんでした。
いよいよですね。楽しみです。
 

Leave a Comment



09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08

10


 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
Fixture
 
League Table
 
Twitter
Twitterボタン
 
Spurs Twitter
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。